求人情報の探し方

今やネット社会が多くを占めています。求人情報についても、インターネットから情報を収集できる時代となりました。もちろんそれ以外に旧来型の新聞、折込チラシ、それから、ハローワークでも情報を得ることができます。求人を探す時は、自分で受ける会社を決めなければならないのですから、自分にあっているか否かを自己分析して行えば、転職を成功に導くことができます。

ハローワークでは、非常に多くの求人があります。ハローワークはほかのネットや新聞、折込チラシなどでの広告のようにお金がいらないので、ほかの媒体に出ていないような求人も多数出ています。また、ここは失業手当をもらう場合にも必要な公共機関です。

ネットでの求人情報の探し方ですが、求人のデパートと呼ばれるような大きなサイトは4つほどあります。大企業の案件が豊富でスカウトを受けられるシステムがあるサイトやモバイルと連動して情報を得られるサイト、ベンチャーや中小企業の案件が多く、レジュメの添削など個別にフォローしてくれるサイト、転職アドバイスをしてくれたり、動画があるサイトなどです。ほかには外資系の求人を行っているサイトや契約金や転職祝い金を出してくれるサイトも。

それから、ネットだけでなく自分の身近な人などで会社勤めをしている人、学生時代、前の会社の同僚、社会人になって知り合った人などの人脈を使って連絡をとり、求人情報を教えてもらうという方法もあります。同僚との飲み会を主催したり、人付き合いをよくしておくと情報収集でき、わずらわしいこともありますが、大きなメリットがあります。

取引先からも探すことができます。営業や顧客などと仕事をしているとこっそり求人を聞くことができる場合もあります。

このように求人というのは様々な手段を使って探すことが可能となっています。まずは自分に合った求人を見つけ、そこから希望した職場に勤められるよう、上手に結びつけていきましょう。

成功のための自己分析

転職を成功させるためには自己分析が必要です。自己分析は初めて転職しようと考えている人も2度目、3度目でも同じです。自己分析ができていないと宙ぶらりん状態になってしまって、続かないということも有り得ます。自分の能力が発揮できないないからです。会社を受けても分析できていないと自己アピールができないので、面接に受からないということもあります・・・

面接の重要性

面接は大事な就職試験ですが、この面接で落とされる人が多いのも事実です。 マナーや心構えができてないことや仕事に関する情熱、そして、失礼な態度をとってしまったりすれば、面接官とて人間なので一緒に働きたいと思われません。この人をとってよかったという印象を与えるということが大事です。 そして・・・

入社前にしておくこと

入社日が決まったら、その前に病院、歯医者さんなどに行っておいたほうがいいです。やはり、入社すると何ヶ月か慣れないせいもあって、病院に行く時間もなかったりするので、今のうちに体調が悪かったり、気になるところがあれば、お医者さんに行って治療をしておきましょう。入社前の健康診断を行ってくれる会社もありますが、ないところも多いので、自分の健康は自分で管・・・